王様の耳はロバの耳

倉敷から奈良へ

d0208967_10562637.jpg


今回の目的は第1、人形。第2主人の親戚に会う。第3に奈良で仏像めぐりをすることでした。

人形製作の行き着くところは宗教にあるのではという思いがあり、これが最後かもしれないから、ゆっくり仏像を見て回ろうと計画しました。
学生時代に一人で奈良を回ったことがありますが、もううん十年前のことで、ほとんど記憶になかったので、すごく良かったです。

法隆寺、中宮寺、興福寺、新薬師寺、薬師寺、唐招提寺と、多分仏像めぐりはビギナーコースだったと思いますが、飛鳥時代の仏像さんは、造形的には素朴でつたない感じがしましたが、特別な空気があり、圧巻でした。

興福寺の阿修羅像も、何回見てもすばらしく、高校の修学旅行で初めて見たときよりもっと感動しました。

展示の仕方や照明の当てかたにもこだわっていたようで、壁に写る阿修羅の腕の影が幻想的でした。この時代は写実的なものが中心に作られたと説明に書いてありましたが、確かに写実的で、涙袋がより人間的に見せてくれているんですね。飛鳥や白鳳時代の仏像も、顔はデフォルメしてあって、もしかして造形が下手だったの?ななんて大それたことを考えていましたが、手の造形はやたらと上手なので、やはり仏像用のデフォルメなのかしら。

これらの作品を見て、「仏像」と引いていたところがありましたが、造形的に見て、みんなすばらしい彫刻作品であり、鎌倉時代のものは、ミケランジェロと遜色ないですね。   

この旅行から帰って、今大掃除をしています。「死」の準備と、いらないものは捨てて、残ったものから新しく始めて見たいという気持ちからでした
d0208967_10552850.jpg

[PR]



by tomo3275 | 2011-02-23 10:09 | 日常 | Comments(0)

心の内に秘めたこと、こっそり買ったアイデア商品の性能、映画の感想などなど    人形のサイトhttp://www.geocities.jp/tomo3275/index.html
by tomo3275
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

70センチのビスク
at 2017-05-13 17:11
第11回  倉敷ひいな展
at 2017-01-14 11:54
第3回チームコヤーラ創作人形..
at 2016-11-21 21:38
11月の人形展示
at 2016-10-29 06:56
銀山温泉
at 2016-09-13 13:46

最新のコメント

最新のトラックバック

ブログジャンル

画像一覧