王様の耳はロバの耳

仙台に帰省

仙台の母が帯状疱疹になり、痛くてデイサービスも休んでいるという話を聞き、1週間仙台の実家に一人で帰ることにしました。
認知症の母は家にいるとほとんど動かずソファーで寝ていることが多いので、今回は父と母の生活を観察して、快適に暮らせるように助言をしようとやる気満々で帰りました。

タンスの中の着られない洋服を整理して、下着など分かりやすく取り出せるように中が見えるプラスチックケースに入れて名前の張った紙を貼ってと、よその認知症のお宅のアイデアを拝借しようと思っていました。

ところが、もう張り紙がしてあっても、それを理解して必要なものを出すという行動ができなくなっていたのです。その役目は父にやってもらうしかないのですが、父も調理などほとんどの家事を引き受けているのでそこまで手が回りません。

いろいろ、父に助言するのですが、「分かった」と言いながら、生活はやっぱり変えられないのです。

認知症の母より、柔軟性のない父の方がいろんな意味でやっかいです。
でもまあ母も落ち着いて暮らしているので良しとするか。
[PR]



by tomo3275 | 2012-03-26 19:32 | 日常 | Comments(0)

心の内に秘めたこと、こっそり買ったアイデア商品の性能、映画の感想などなど    
by tomo3275
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

最新のトラックバック

ブログジャンル