王様の耳はロバの耳

2010年 12月 27日 ( 1 )




ターミナルケア

仕事柄癌末期の患者や家族の話を聞く機会が最近増えています。

40歳以上の人が介護保険の適用者となる場合、特定の疾病がなければ適用にならないのですが、ガン末期(治療がもうできないと判断された人)が特定疾病となっているために、50代の申請者が増えているのが現状です。

今医療では、治療の必要のない人はどんどん自宅に帰すような仕組みになっているため、末期がんの患者の介護保険の調査が数年前に比べてとても増えています。
しかし、自宅に帰っても介護保険ではベッドのレンタルか訪問入浴ぐらいしか対応できず、在宅で看取りを援助してくれる医者も不足しています。
何も知らないで在宅に帰ってきた家族の不安は計り知れません。

お年寄りの癌患者は自宅に帰りたいと希望し、家族が仕事などで自宅では看れないので入院を継続したいというケースも多いのですが、若い方は一概には自宅に帰りたい人ばかりではないということを知りました。
自分の病状を受け入れられず、病気が直ってまた社会復帰できると希望を持ち続け、入院を継続する人もいるのです。誰でも死を受け入れたくはないと思います。一縷の望みを捨てたくないでしょう。

しかし末期の人にとっては、少しの時間も大切なのです。家族にとっても本人にとっても・・・。

話を聞くしかできない自分にとっては、いい時間をすごせますようにと祈るしかできません。
[PR]



by tomo3275 | 2010-12-27 20:59 | 仕事 | Comments(0)

心の内に秘めたこと、こっそり買ったアイデア商品の性能、映画の感想などなど    人形のサイトhttp://www.geocities.jp/tomo3275/index.html
by tomo3275
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

70センチのビスク
at 2017-05-13 17:11
第11回  倉敷ひいな展
at 2017-01-14 11:54
第3回チームコヤーラ創作人形..
at 2016-11-21 21:38
11月の人形展示
at 2016-10-29 06:56
銀山温泉
at 2016-09-13 13:46

最新のコメント

最新のトラックバック

ブログジャンル

画像一覧