王様の耳はロバの耳

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧




ガン末期2号被保険者

最近ガン末期二号被保険者(治療の方法がなく、余命6ヶ月と宣告された方)の調査が多いです。年齢が近い方が多いので、調査の後はすごく落ち込みます。

自分もこの先10年生きれるか20年か分かりませんが、確実に死に向かっています。
告知された方、それも女性は比較的早く現実を受け入れているように感じます。

ガンの末期でも痛み止めが効いているうちは普通の生活を送れるし、家事などもできます。身の回りのことも自分でできてしまうので、介護度も低く出てしまう傾向にあります。
でもあるとき急に病状が急変し、症状が悪化して亡くなる方が多いのです。

私は仕事でたくさんのガン末期の方とお会いしているので、先の見えない家族の不安や、あるとき急に感じるであろう本人の悲しみが想像でき、どう対応していいのか分からなくなることがあります。

相手を不安にさせないように、事務的にさらっと調査して終わったら良いのか、不安のないように制度の説明をすればよかったのかとか、後になって悩みます。
立会いの方が不安を漏らすと「それは調査には関係ないのよ」と反対に気を使われることもありました。

私はその方たちに対して気の効いた言葉ひとつかけられません。しかし静かに死を受け入れた人たちに対して畏敬の念を感じずにはいられません。
[PR]



by tomo3275 | 2012-09-28 22:57 | 仕事 | Comments(0)

また内緒で買いました。

メダカ10匹、また内緒で買ってしまいました。
今タッパーに入って居間のテーブルの上にのっかっています。主人は帰りが遅いのでその時間は布が被っていてぜんぜん気がつきません。

19歳の犬が死んでから、生き物を飼いたいなと思いながらも死ぬことを考えるとなかなか思い切れませんでした。メダカなら外でも飼えるし手間もあまりかからないということなのでわたし向きです。

しかし動く生き物は見ていて癒されますね。
メダカにも個別の性格があるそうなんですが、あまりに小さくてどれがオスでどれがメスかさえ分かりません。素人目には体型がみなメスのように見えるんですが・・・増えたらいいな。

d0208967_7305221.jpg

[PR]



by tomo3275 | 2012-09-21 07:39 | 買い物 | Comments(0)

ドールアート展2012inうつくしま

1年おきに福島で開催される 『ドールアート展2012inうつくしま』の第6回全国創作人形コンクールに入選しました。
いろんな公募展に出品させていただいていますが、発表する場が少ないので、ついついこういう形で新作の発表となってしまいます。今回入選でき、福島の皆さんの目に触れることが出来てよかったです。

公募展と素晴らしい作家様の作品展、大竹京先生の教室展と、出品数も多く見ごたえがあると思います。福島のお近くの方、ぜひお立ち寄りください。

私も今年こそは見に行こうと思っています。

ドールアート展2012inうつくしまは10月14日(日)~21日(日)  10:00~20:00(最終日17:00まで)
MAXふくしま4階「A・O・Z」特設会場  です。

その前に9月26日からは丸善丸の内4階で人・形展が始まります。

私の通っている教室の因間りか先生の「マルメゾン」や、大好きな作家様たちの作品が展示されます。

今月末から来月にかけてまた忙しい日々になりそうです。
[PR]



by tomo3275 | 2012-09-19 18:06 | 人形 | Comments(0)

次行ってみよう!!

敬老会のお手伝い、スポーツの試合、人形の搬入、人形の搬出。怒涛の1週間が終わり、やっと一息。

家の掃除をしてから新しい人形の続きを始めました。

今作っている人形は40センチぐらいの子。
40センチ前後の人形って中途半端なサイズで、抱くには小さく、手の中にも収まらない。飾っても小さく感じ迫力不足で、なぜかよそよそしい微妙な距離感があり難しいサイズです。

最近集中力が続かず、途中で映画を見たり、昼寝をしたり、スローペースです。

もう若くはないのだし、無理せず頑張ろう。
[PR]



by tomo3275 | 2012-09-18 10:15 | 人形 | Comments(0)

ありがとうございました

今回チームコヤーラ賞をいただき、教室の先生や仲間、またツイッター友達からお祝いの言葉を沢山頂いたのに、まだお礼もちゃんと言っていませんでした。そしてコヤーラのスタッフの方々にも、本当にありがとうございました。

今までも時々いろいろな公募展に出品させていただき、落ちたり受かったりしていましたが、まわりの人にも内緒だったので、賞をとっても落ちてもひとりで噛み締めていました。今回は出品することも教室仲間には告知していたので、みんなにお祝いの言葉をいただき、すごく嬉しかったのですが、ちょっと恥ずかしかったです。

長く人形を作っていますが、発表の場も少なく、ひとりで制作していると、本当にこれでいいのだろうかという疑問がいつも頭をよぎります。人の評価も気になりますが、自分でも止むにやまれず、作りたい気持ちのままにつくるので、作品に一貫性がないというかバラエティーに富んでいます。それがひとつの方向に統合されたらいいなーと思って作っていますがどうなることやら・・・

今回はありがとうございます。これからも楽しく制作したいと思いますので、よろしく見守ってください。

チームコヤーラ主催の創作人形公募展は9月16日(日)までNHKふれあいギャラリーで開催しています。たくさんの力作が展示されております。是非おいでください。


Uralic Doll Artist Association 賞
 「冬の子供」 長谷川裕子
d0208967_2263518.jpg


四谷シモン 賞
 「セミヨム」 角松千恵子


d0208967_2271479.jpg

[PR]



by tomo3275 | 2012-09-13 22:13 | 人形 | Comments(0)

チームコヤーラ主催 創作人形公募展

d0208967_19343323.jpg

今日から始まったチームコヤーラ主催 創作人形公募展でチーム・コヤーラ賞をいただきました。
作品名は『母と子と空と地』アフリカの母と子をテーマにしてみました。
素材は久しぶりに粘土で作りました。

今回は、サイズも小さく、受賞するとは思いませんでした。連絡をいただきとても嬉しかったです。ありがとうございました。

d0208967_20102899.jpg

d0208967_2011556.jpg

『つながり』を表現したくて最初は大きなお腹の球に2つの身体をつけようとしましたが、どうしてもバランスが悪く、断念。大きな腹部の球を見ていたら、お母さんと子供だよなとひらめき、以前から作りたかった黒人の母と子になりました。

母と子の繋がりって、すごく普遍的で、全てを破壊してしまう愛情もあれば、菩薩のような深い愛情もあり、きっと永遠のテーマかもしれないですね。そして私の好きな言葉、『寄り添う』『慈しむ』『愛おしむ』を全て盛り込めたらいいなと思いながら作りました。

母と子はまたいつか作りたいなーと考えています。
[PR]



by tomo3275 | 2012-09-11 20:25 | 人形 | Comments(2)

チームコヤーラ主催 創作人形公募展

今日NHKふれあいホールギャラリーに人形を持って搬入に行ってきました。原宿から代々木体育館の横を通って、初めての場所です。カメラで風景を写しながら、オノボリさん状態でした。

会場にはいろいろな大きさ、いろいろなジャンルの作品が集まって、ちょっと変わった展覧会でおもしろいかも。

大きな作品が多かったので、40センチそこそこの私の作品はちょっと目立たないかもしれません。衣服も地味な感じだったので・・・。

実は8月のドールエキスポ2012 で、すごく自信のある作品が1次で落ちて凹んでいたので、今回はドキドキしていました。これでひと段落。次の作品に打ち込めるかな?

創作人形公募展は9月11日(火)から始まります。是非お越し下さい。
[PR]



by tomo3275 | 2012-09-10 19:41 | 人形 | Comments(0)

心の内に秘めたこと、こっそり買ったアイデア商品の性能、映画の感想などなど    人形のサイトhttp://www.geocities.jp/tomo3275/index.html
by tomo3275
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

70センチのビスク
at 2017-05-13 17:11
第11回  倉敷ひいな展
at 2017-01-14 11:54
第3回チームコヤーラ創作人形..
at 2016-11-21 21:38
11月の人形展示
at 2016-10-29 06:56
銀山温泉
at 2016-09-13 13:46

最新のコメント

最新のトラックバック

ブログジャンル

画像一覧